2009年03月17日

通教卒業生のBar受験資格(調査結果)

通教卒業生でBar受験資格について調べていてこのブログにたどり着いている方が多いようなので、今一度情報を整理しておきたいと思います。まずは、2007年2月時点での調査結果です。
mixiなどの掲示板でBarの受験資格について質問をされている方を見かけますが、そのような掲示板で回答される方の情報(このブログの情報を含む)は必ずしも最新のものでなかったり、正確でなかったりすることが多いように思います。そのような掲示板およびこのブログに記載されている情報を過度に信用することは危険です。必ず自分で調べるようにしてください。
通教出身者にはキビしい結果となりましたが、その一方で日本の弁護士であればかなりの選択の余地があるということがわかりました。(とはいうものの弁護士の方は情報量の多いNYを選ぶんでしょうけど)
なお、以下のようなカテゴリにより分類しました。
 A:通教法学部卒業に基づくもの
 B:LLM卒業(+通教法学部)に基づくもの
 C:日本におけるlaw practiceに基づくもの
なお、この調査はあくまで私自身が受験資格を有する可能性(2007年2月時点)についてのものですので、ご自分の受験資格についてはご自分で確認するようにお願いします。まずはNCBEのComprehensive Guide to Bar Admission Requirementsを熟読してください。これに多くの情報が載っています。
<Aコース>
Missouri
・legal educationがABA認定校と同等であることが認められれば受験資格が認められることもある(Rule 8.07 規則4

Ohio
・追加料金が必要だが、LLB取得した学校がapprovedされれば受験資格が認められることもある(Rule I Section 1(C)

<Bコース>
Virginia(△)
 ウェブでは詳細不明
 コンプガイドによれば、VAのロースクールでcertificateをもらえば可能性あり

District of Columbia(△)
・以下の試験科目について少なくとも26単位時間修了すれば受験資格が認められることもある(Rule 46(b)(4))(LLMではキビしいと思われる)
 ・administrative law
 ・contracts
 ・agency
 ・Uniform Commercial Code
 ・equity
 ・business associations
 ・conflicts of laws
 ・evidence
 ・torts
 ・wills
 ・trusts
 ・administration of estates
 ・family law
 ・real and personal property
 ・civil and criminal procedure
 ・constitutional law
 ・criminal law
 ・legal ethics
 ・tax law

Massachusetts(△)
 コモンロー法制国の出身者に関する受験資格は述べられているが、それ以外の国については不明(Rule

New York(△)
・以下の要件を満たせば受験資格が認められることもある(Rule 520.6(b)(1)(ii)
 1)少なくとも2年間のequivalent educationを受けた
  →通教卒業生で受験資格を認められたという話があるが、Study of law in law schoolについての要件に「通教の単位は認められない」とあり(Rule 520.3(c)(3))、さらに「少なくとも1120時間のclassroom study」というのもある(Rule 520.3(c)(1)(ii))ので認められない可能性が高いように思う
 2)米国認定校でAmerican lawを含む20単位時間を修了する

<B+Cコース>
Pennsylvania(△)
・以下の要件を満たせば受験資格が認められることもある(Rule 205
 1)law practice資格を有していること
 2)出願前8年のうち5年以上にわたって実務を行っていること
 3)以下の科目を米国ロースクールで30単位時間修了すること(LLMではキビしいと思われる)
  ・Conflict of Laws
  ・Constitutional Law(必須)
  ・Contracts(必須)
  ・Corporations
  ・Criminal Law(必須)
  ・Decedents' Estates(必須)
  ・Evidence(必須)
  ・Family Law
  ・Federal and/or Pennsylvania Civil Procedure(必須)
  ・Federal Income Taxes
  ・Professional Responsibility(必須)
  ・Real Property(必須)
  ・Torts(必須)
  ・Uniform Commercial Code, Art. II - Sales
  ・Uniform Commercial Code, Art. III - Commercial Paper
  ・Uniform Commercial Code, Art. IX - Secured Transactions

<Cコース>
California
 General applicantとAttoney applicantの2種類があり、日本のattoneyであればattoney applicantとして受験資格が認められることもある(Rule III Section 2
 ルール改正により法曹資格がなくても法学部さえ卒業していれば受験できるかもしれません。詳細は、以下のリンクからどうぞ。
http://calbar.ca.gov/calbar/pdfs/admissions/Outside-Ed-Bulletin.pdf
http://calbar.ca.gov/calbar/pdfs/admissions/Outside-Ed-Qualif.pdf

<A+Cコース>
Illinois
・事前承認が必要
・以下の要件を満たせば受験資格が認められることもある(Rule715) 1)law degreeを取得した国において少なくとも5年間law practice資格を有していること
 2)その国でattorneyとしてgood standingであること
 3)出願前7年のうち5年以上にわたって年500時間以上の実務を行っていること

Kentucky
・事前承認が必要(他州での資格、認定校でのカリキュラムとの類似性、他州でのforeign legal educationについての基準などに基づいて判断)
・以下の要件を満たせば受験資格が認められることもある(SCR 2.014(3)
 1)attorneyであること
 2)KYの認定校と同等のlegal educationを受けたこと
 3)出願前5年のうち3年以上にわたって実務を行っていること

Louisiana(△)
 ウェブでは詳細不明
 コンプガイドによれば、A+Cで可能性あり

Maine
・以下の要件を満たせば受験資格が認められることもある(Rule 10(c)(4)
 1)legal educationがABA認定校と同等であること
  →規則によれば、以下のいずれかの場合に同等であると認められる
   a)通教/ABA認定校で少なくとも24単位時間修了する
   b)米国法を修了し、以下の科目のうち少なくとも5つの中から少なくとも16単位時間修了する
    ・Constitutional Law
    ・Evidence
    ・Taxation
    ・Procedure
    ・Uniform Commercial Code
    ・Decedents' Estates
    ・Real Property
    ・Corporations or Business Organizations
    ・Torts
 2)少なくとも3年間資格を有していること

Nevada
・以下の要件を満たせば受験資格が認められることもある(SCR 51(3)
 1)legal educationがABA認定校と同等であること
 2)直近12年のうち少なくとも10年間の実務経験があること

Texas
・law practice資格を有していれば受験資格が認められることもある(Rule XIII(b)

<その他>
Washington
 コモンロー法制国の出身でないとNG
West Virginia
 コモンロー法制国の出身でないとNGな上に通教もNG
Connecticut
 ウェブでは詳細不明
 コンプガイドによれば、基本的にコモンロー法制国の出身でないとNG
Hawaii
 ウェブでは詳細不明
 コンプガイドによれば、コモンロー法制国の出身でないとNG
Rhode Island
 principal occupationとしてRhode Islandで実務を行うことが必要
Tennessee
 Tennesseeでactivelyに実務を行うことが必要
Utah
 コモンロー法制国の出身でないとNG
North Carolina
 LLM卒業生に門戸を開いていた数少ない州の1つでしたが、近年の改正により認められなくなったようです。
Oregon
 コモンロー法制国の出身でないとNG
New Hampshire
 コモンロー法制国の出身でないとNG
New Mexico
 情報発見できず
Alaska
 コモンロー法制国の出身でないとNG


posted by TX at 02:28 | Comment(0) | 受験資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。