2009年03月28日

ByeBye BarBri

BarBriを申し込んでから知ったのですが、テキスト一式をBar受験後に返却すると$250のrefundが受けられます。
一見すると受講生にとってうれしい制度なのですが、返却期限は合格発表前に設定されていますので、よほど合格する自信がない限り、この制度は利用できないのではないかと思われます。。。

が、私は先日返却してしまいました!ByeBye BarBri!

といっても、合格する自信があるわけでは決してなく、BarBriを申し込む前にテキストだけはeBayで手に入れていたので、手元にテキストが2セットあったからなんです。。。
というわけで、見たくもないBarBriテキストがまだ手元に1セット。。。

テキストについては返却してくれるな的な雰囲気が漂っているわけですが、一方のiPodについては返却することを前提にしているようです。
送料を払わずにそのまま投函して返却できるようなボックスがついてきましたし、試験後、すでに2回もメールでリマインダーが送られてきています。DRMされているとはいえ、デジタルデータが自らの管理下にないところで流通することをおそれているのだとと思います。

iPodを返却しない場合には、depositである$500が没収されます。
不合格だった場合を考えると返したくない気もするのですが、かといってもう一度聞くかと聞かれるとNoでしょう。

合計で$750が戻ってきます。もともとは自分のお金なのですが、ちょっとうれしいです。


posted by TX at 09:19 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。