2009年05月23日

試験の実際

勉強方法については他の方の情報を参照していただくとして、今回は試験の実際について書きたいと思います。
以下の記述はILの試験に関する情報なので、NYやCAなどとは状況が異なると思います。あくまで参考ということでお願いします。
・座席
シカゴ大の教室でしたが、隣の人と間隔を空けずに詰めて座らされたので、座席は非常に狭かったです。
隣の人の動きがわかる距離なので、ちょっと集中しづらいかもしれません。

・持ち込み品
エッセイ試験で自分の席に持ち込めるのは受験票とペンのみ、MBEでは受験票だけです(消しゴム付き鉛筆が貸与される)。
食べ物、飲み物はもちろんのこと、ハンカチさえ持ち込むことが許されませんでした。(NYでは飲み物を持ち込めるという話を聞きました。)
ILは非常に厳しいようです。
ただし、耳栓はOKでした。これは必需品ですので忘れずに!

・エッセイ試験
午前中はILエッセイ3問とMPTがありました。
ラップトップの問題では4問まで解答できるようになっていましたが、最初の90分では4問目のMPTの解答欄には進まないように指示されました。
90分経過したところで一旦中断。MPTの問題を配付し、それが完了した後、4問目の解答欄に進むように指示があり、MPT開始。ちなみに、4問目に進むと1〜3問目の解答欄に戻ることはできないようになっていました。
午後は3時間ぶっ続けで6問解答。
試験要項には、試験会場ではネットに接続できないと書かれていましたが、実際には試験会場内の無線ネットワークにアクセスする方法を試験終了後に教えてくれたので、その場で解答をアップロードできました。
問題集は、ILエッセイのみ持ち帰り可能、その他は回収。

・MBE
午前中はQ1〜Q100、午後はQ101〜Q200という問題番号になっていました。
問題集に割り振られてる番号が複数種類ありましたので、隣同士の問題集が全くの同一物とならないように、問題の順番を入れ替えた複数のバージョンを配布しているのではないかと推測しています。(MPREも同じ)
確か解答用紙にSSNの記載欄があったと思います。SSNを持っていない人はどのように記載すべきか聞かないといけないかもしれません。

・眠気
とにかく長い試験なので、試験中に眠気が襲ってこないかが心配でした。
睡眠薬を使って前日はしっかり寝れるようにしました。
また試験中の昼食は食べ過ぎると眠くなってしまうので、あらかじめ買っておいたバナナとチョコバーだけで済ませました。外に食べに行っている時間はほとんどないのではないでしょうか。


posted by TX at 00:02 | Comment(0) | 試験情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。