2009年03月17日

通教卒業生のBar受験資格(まとめ)

通教卒業生でBar受験資格について調べていてこのブログにたどり着いている方が多いようなので、今一度情報を整理しておきたいと思います。
mixiなどの掲示板でBarの受験資格について質問をされている方を見かけますが、そのような掲示板で回答される方の情報(このブログの情報を含む)は必ずしも最新のものでなかったり、正確でなかったりすることが多いように思います。そのような掲示板およびこのブログに記載されている情報を過度に信用することは危険です。必ず自分で調べるようにしてください。
まずはNCBEのComprehensive Guide to Bar Admission Requirementsを熟読してください。これに多くの情報が載っています。
私が過去に行った詳細な調査結果もあわせてご参照ください。

New York

私はC大学通教で面単26単位ですが、NYのevaluationで蹴られました。Barからのレターの概要は以下の通りです。
提出された書類を検討した結果、通教法学部において、actual classroom attendanceが必要な科目について26単位しか取得していないので、あなたはRule 520.6(b)(1)のdurational requirementを満たさないと決定した。また、日本におけるlaw studyのプログラムやコースはアメリカにおける認定校で提供されるlegal educationと同等のものとは認めない。したがって、あなたはNY Barを受験する資格がない。
Rule 520.6(b)(1)(ii)によれば、アメリカの認定校で20単位のlaw studyを修了することによりdurational deficiencyまたはsubstantive deficiencyのいずれかをcureすることができるが、このルールは両方のdeficiencyをcureするためには用いることができない。
actual classroom attendanceとしてはRule 520.3(d)の1,120 hours of classroom studyが求められているのではないかと個人的に推測しています
なお、同大学卒業の同級生で面単38単位の方は、上記レターとは異なる内容のレターを受け取り、actual classroom attendanceを証明する書類を求められたようですが、そのような書類を提出できなかったため、アピールしたものの不成功に終わったそうです。
私の周りのC大学通教の同級生は全滅でした。。。C大学の事務局はflexibleな対応ができないのでアピール成功は難しいかもしれません。
一方、K大学通教の方の中には、evaluationで蹴られた後に、アピールで受験資格が認められた方が何人かいらっしゃるようです。

California
2008年2月からRuleが改正されたので、法曹資格がなくても法学部さえ卒業していれば受験できるかもしれません。私は、もともとCAは受験するつもりがなかったので、このRuleは読んでいません。読まれた方、あるいは実際に受験された方がいらっしゃればフォローをお願いします。
詳細は、以下のリンクからどうぞ。
http://calbar.ca.gov/calbar/pdfs/admissions/Outside-Ed-Bulletin.pdf
http://calbar.ca.gov/calbar/pdfs/admissions/Outside-Ed-Qualif.pdf
2009/11/11追記: 通教卒業生であってもRule4.30の1.1(B)を満たすことができるということが確認できたそうです。(Tさん情報
2009/11/19追記:単に法学部を卒業しただけでは足らず、試験科目のうち4科目についてLLM課程で12単位以上の取得が条件となりますのでご注意ください。Tさん情報

DC
ABA認定校で試験科目26単位取得すれば受験できるかもしれません
ですが、LLM課程において試験科目を26単位取得するのはかなり大変なように思います。
私の同級生のLLM生(ただし通教卒業生ではない)は、LLM卒業後にさらに単位を取得してDC Barの受験資格が認められたそうです。

その他
Virginia: VAのロースクールでLLMを取得し、deanlからcertificateをもらえば受験できるかもしれませんが、そんなcertificateをもらうことが可能なものか・・・
と思っていたら、Mさんより情報提供をいただきました。
ロースクールによっては比較的簡単にcertificateを出してくれることもある
ということです。LLM留学の前にロースクールに問い合わせておくといいでしょう。
2009/04/15追記: VA BarのRule中に"Study by correspondence . . . does not satisfy the foregoing requirements"という一文があります(Section II-4)。文脈からするとforegin educationについてはこの条項が適用されない可能性もありますが、通教卒業で受験資格が認められるかは微妙なようです。(Mさん情報)

Michigan: 実際にBarに問い合わせてわかったことですが、petitionを出せば受験できるかもしれません。が、提出すべき書類が非常に細かく、実際問題としてpetitionを提出できるのか疑問です。
参考までに担当者からの回答は以下の通り。
As you recognize, applicants for the Michigan bar examination must have a J.D. from a reputable and qualified law school incorporated in the United States. You must petition the Board of Law Examiners for a waiver of the Rule. The petition may take the form of a letter. Pursuant to Board of Law Examiners Rule 2, in deciding this type of petition, the Board considers factors such as relevant legal education and experience that otherwise qualifies the applicant to take the examination. This includes consideration of the quality of the law schools attended, existing accreditation, prior accreditation history or attempts at accreditation, and evidence of experience in the full-time practice of law. Good cause for a waiver must be shown by clear and convincing evidence.

ちなみに
Illinois:私は結局ILを受験しましたが、一般的に通教卒業生がILを受験することは難しいと思います。Rule 715の3つのthreshold requirementsをクリアできるという確固たる自信がなければ可能性はないでしょう。
法曹資格がないのにどうして3つのthreshold requirementsをクリアできるのか疑問に思うようでしたら、その時点で受験資格はないと思います。
もし、threshold requirementsをクリアできるという確固たる自信があり、さらに詳細な情報が欲しいという方がいらっしゃれば、コメント欄でお知らせください。私のわかる範囲でお答えします。


posted by TX at 02:36 | Comment(5) | 受験資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通教卒業生のBar受験資格(調査結果)

通教卒業生でBar受験資格について調べていてこのブログにたどり着いている方が多いようなので、今一度情報を整理しておきたいと思います。まずは、2007年2月時点での調査結果です。
mixiなどの掲示板でBarの受験資格について質問をされている方を見かけますが、そのような掲示板で回答される方の情報(このブログの情報を含む)は必ずしも最新のものでなかったり、正確でなかったりすることが多いように思います。そのような掲示板およびこのブログに記載されている情報を過度に信用することは危険です。必ず自分で調べるようにしてください。
通教出身者にはキビしい結果となりましたが、その一方で日本の弁護士であればかなりの選択の余地があるということがわかりました。(とはいうものの弁護士の方は情報量の多いNYを選ぶんでしょうけど)
なお、以下のようなカテゴリにより分類しました。
 A:通教法学部卒業に基づくもの
 B:LLM卒業(+通教法学部)に基づくもの
 C:日本におけるlaw practiceに基づくもの
なお、この調査はあくまで私自身が受験資格を有する可能性(2007年2月時点)についてのものですので、ご自分の受験資格についてはご自分で確認するようにお願いします。まずはNCBEのComprehensive Guide to Bar Admission Requirementsを熟読してください。これに多くの情報が載っています。調査結果を見る
posted by TX at 02:28 | Comment(0) | 受験資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

感謝

受験までにいろいろありましたが、無事受験することができました。
これも
 毎日お弁当を作ってくれ、クリスマス、お正月、週末を返上して支えてきてくれたラッコさん、じゅにおーる、
 そして、私の受験のためにいろいろな面でサポートしていただいた研修先の会社の皆様、
 出願のために各種書類の作成にご協力いただいた先生方、友人、同級生の皆様、
 Bar Examについて各種の情報をいただいた同級生の皆様、
 このブログを見ていただいた方々、
のおかげです。
この場を借りて心より御礼申し上げます。どうもありがとうございました。



試験が終わったらもっと充実感があるのかと想像していましたが、MBEが非常に難しく、今は絶望感でいっぱいです。。。
十数年間ほぼ毎日飲んでいたお酒を2ヶ月間も絶って臨んだ試験だけに非常に悔しいですが、全力を尽くした結果ですので仕方がありませんね。。。

ということで、今日は飲みます!!落ち着いたら以前のブログの情報をこちらに移したいと思います。
posted by TX at 23:46 | Comment(6) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAY TWO

本日のメニュー:
  • MBE AM 100問
  • MBE PM 100問
昨日の攻撃により沈没していたのですが、今日はさらに見たことのない魚雷の集中砲火を浴び、マリアナ海溝ぐらいまで沈んでしまいましたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)。。。
BarBriのAdvanceぐらいまでしないといけないかも。。。
posted by TX at 21:53 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

DAY ONE

本日のメニュー:
  • IEE 3問
  • MPT 1問
  • MEE 6問
無事アップロード完了。
会場はシカゴ大学のビジネススクールなのですが、大学の無線ネットワークを使わせてもらえました。

午前中は「これはひょっとしたらイケるかも」と淡い期待を持ちましたが、午後は見たことのない爆弾をたくさん打ち込まれて撃沈ですもうやだ〜(悲しい顔)。。。。

いずれにしても、あと1日頑張ります。
posted by TX at 18:16 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

下見 1日

本日のメニュー:
  • Outlines
明日の会場を下見してきました。
ホテルから徒歩10分ぐらいのところでしたが、周辺の道路が西新宿のように複雑な二層構造になっていたので、前日に下見できてよかったです。
いよいよです。今日は早めに寝て明日に備えます。
posted by TX at 20:05 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

出陣 2日

本日のメニュー:
  • Reading: Outlines
いざ出陣!
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

ノルマ 3日

本日のメニュー:
  • OPE2 50問
  • Reading: Outlines
なんとかノルマとしていた赤本、青本、BarBriのMPQ(Advancedを除く)、OPE1、OPE2の問題が終わりました。
当初は間違えた問題をもう一度見直すことも考えていたのですが、とてもそんな時間はありませんでした。。。範囲を狭めて繰り返し演習するのとどっちがいいのでしょうね。
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

ラスト 4日

本日のメニュー:
  • OPE2 50問
  • IEE: Equity 5問
  • IEE: IL Civil Procedure 1問
  • MEE: Federal Jurisdiction 2問
フルで勉強できるのはおそらく今日がラスト。。。
あと1週間あればもう少しマシな状態になりそうな気もしますが、今はそれよりも「早く終わって欲しい」という方が強いです。
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

ウトウト 5日

本日のメニュー:
  • 青 Mixed 18問
  • OPE1 50問
  • MEE: Agency & Partnership 4問
  • MEE: Corporation 2問
  • MEE: Conflicts of Law 2問
  • IEE: Equity 2問
今日は早朝、午前、午後といずれもウトウト。。。勉強した気がしません。
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

寝不足 6日

本日のメニュー:
  • 青 Mixed 40問
  • OPE1 50問
  • MEE: Wills 5問
  • MEE: Trusts 4問
  • MEE: Family Law 3問
最近、寝るときに、自分の勉強方法が間違っていたのでは、とか、本番でエッセイが書けるのだろうか、などいろいろなことを考えてしまい、寝付きが悪くなっています。。。おかげで寝不足。
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

頂き物 7日

本日のメニュー:
  • 青 Mixed 23問
  • OPE2 復習
  • MEE: Sales 2問
  • MEE: Secured Transaction 1問
  • IEE: IL Civil Procedure 2問
  • MEE: Federal Jurisdiction 2問
私が受験するのを今頃知った同僚の方が「俺が使った教材あげるよ!」と言って、BarBri問題集、赤本、フラッシュカードを持ってきてくれました。。。。
もう少し早ければなぁ。。。でも、ありがたくいただいておきました。
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

OPE2 8日

本日のメニュー:
  • 青 Mixed 18問
  • OPE2 100問
  • OPE2 復習
OPE2は自信を持って答えられる問題が非常に少なく、時間内に解答はできましたが、全体としては厳しい展開となりました。
点数的にはScaledで145で平均をわずかに上回りましたが、Contractsがボロボロでした。あと数日で改善できるものでしょうか。。。

早く試験が終わって、私も記者会見でメロメロになれるぐらいお酒を飲みたいものです。
(普段は国際ニュースをあまり放送しないローカルニュースチャンネルでも辞任の話題が大きく取り上げられていました。日本の恥です。)
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

疲れ 9日

本日のメニュー:
  • 赤 Evidence 14問
  • 赤 Constitutional Law 17問
  • MPQ Mixed 20問
  • MPT演習
疲れがたまったからか、今日は4時間も寝坊してしまいましたがく〜(落胆した顔)。。。
気持ちを切り替えてあと少し頑張ります。
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

いよいよ 10日

本日のメニュー:
  • 赤 Property 24問
  • 赤 Torts 21問
  • MEE: Real Property 1問
  • MEE: Criminal Law 1問
  • MEE: Conflicts of Law 4問
  • MEE: Personal Property 4問
いよいよカウントダウンも1ケタ台に突入です。
なのにまだこんな状態だとは・・・・
posted by TX at 23:59 | Comment(0) | 試験勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。